★キララ家のお気に入り★

キララ家のなんてことのない毎日とお気に入りのあれこれです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それぞれの決意。

今回は長くてだらだらと思いつくままです。
長~いと思った方はパスしてください。

今朝は恥ずかしながら起きられませんでした。
昨日はなかなか寝付けず、
6:30の携帯目覚ましも気づかず、
夫が洋服を取りに入ってきたにもかかわらず
7:30に目覚めたときには夫は出社後でした。
どうも夫はそのままリビングで夜を明かしたもよう。
寝たのか寝てないのか、どうなのだろう。

昨晩は深夜2時に夫は帰りました。
いつも何時に帰っても夕飯を家でとるので食卓の前に座ったものの、
どうも食欲が出なかったらしくお吸い物を一口で終了。
ああ、疲れてるんだなあ、と思っていたら
突然口火を切りました。

「(娘は)どこの幼稚園に自分が行くのか理解しとるんか?」
「幼稚園は編入できるんか?」
「友達はこっちと広島とどっちが多いん?」
「広島へ帰ったらお前はどうする(どこに住むか)つもり?」
「仕事がすぐ見つからんかったらどうする。」

などなど、私の答えをうけて考えながら、3時半ごろまで。
前回話が出たとき(ここで確認)
まったく話し合いにすらならなかったので、
今回はよほど思いつめているようです。

私は・・・、どうなんだろう。
まず会社を辞めることについては、反対ではない。
会社に対してわだかまりがあるのなら、
このまま続けていてもいつかひずみが出ちゃうんじゃないかと思う。
夫の体にも心にも良くない。
本来なら、「これがしたいから今の仕事をやめる!」
っていうのが理想なのかもしれないけれど、
35歳にもなればそれは理想系としかいえないかな。

広島(夫実家)に戻るのも反対じゃない。
このまま転勤族で2~3年毎に引越しをするくらいなら
広島に腰を落ち着けることは賛成です。
娘、3歳のわりに頭がいい、というか、物事を把握する力が強い。
2歳で引っ越してきた広島のことを今も覚えていて
いまだに「なんでひっこししたの?」を繰り返す。
2歳でこんなだったらこの先何度そんな思いをさせるのか・・・。

だから基本的に賛成なんだけど・・・。
踏ん切りがつけないこと。

まず、本当に仕事が見つからなかったら・・・。
夫が今と同レベルの仕事にこだわらなければ
何とかなるとは思うけれど、
今と同レベル、あるいは同じような仕事、と
限定していたら簡単なことではないと思う。
そのあたり、たぶん夫も一番躊躇している要因だと思う。
けど、これって、今神奈川で悶々と考えてても答えが出るものではないよね。
同時に転職活動ができないなら思い切ってやめて広島に行ってしまわなければ何も状況は変わらない。
なんでもやってやろう、なるようになる、位の思い切りがなきゃ
あてなし、35歳の転職なんて実現しない。
子どもたちが落ち着けば、私だって働きに出れる。
この考えって甘いのかなあ。
夫にも
「ここで考えてるだけでは何も変わらない。広島に行ってみないと
なにもわからないし始まらないと思う。」
とは言いました。

あとは、娘。
前に書いたとおり、今回も引っ越すとなれば
まずお友達と離れたくないとは言うだろう。
神奈川に越してきて1年。
仲の良いお友達もできて、一緒に幼稚園へ行くことになっている。
1年前は実際に引っ越してから
《私は引っ越したんだ~。もう広島のお友達とはなかなか遊べないんだ》
と気づいた娘。
今回は引っ越すよ、といえば事前にいろんなことを理解するだろう。
引越し先でまたお友達はすぐできると思うけれど、
心を痛めるだろうなあ。

そして幼稚園。
正直に言えば、今行く予定にしている幼稚園に
少しくらい通わせてあげたい。
行く気はまんまんだし、未就園児の教室で慣れ親しんだ
幼稚園で、幼稚園生活に慣れさせてあげたい。
それからの転園なら、広島で新しい幼稚園にいけることになっても
負担が少ないんじゃないかなあ、と思う。

というか、それ以前に広島で幼稚園にいけるのかはわからないんだよね・・・。
途中編入を受け入れる幼稚園があるかわからないし、
空きがなければ2年保育になっちゃうかも。
もし私も働くことになれば、幼稚園じゃなくって保育園や
それにあたいする預け先を探すことになる。

そしてどこに住むことになるのか。
「同居でもいいよ。ただ、建て替えしたら、なら。
でも同居は義父たちの意向も聞いて、4月に一人暮らしをやめて戻ってくるという義妹の気持ちも考えなきゃいけない。
一度、もしかしたら、の前提で実家がどう思うか聞かないと、
勝手に決めてても意味がないよ。」
といいました。
正直に言えば、そりゃ以前住んでいたあたりに住みたいけれど、
もうそんなことを言ってる場合じゃないかな。
長男の嫁になった時点で同居は覚悟していたこと。
それがちょっと早くなっただけだと思えば。

と、思いつくままに述べてきましたが、
こうすることで自分の中でちょっとは整理がついたかな。
結局結論は出ていなくて、夫が決意するのか、
決意がつかぬまま流れていくのかもわからない。
できれば悶々と悩み続ける夫は見たくないので、
どっちに転んでも、納得のいく結論を出してくれたらなあ、と思います。
私は、なんだかんだ言ってもついていくしかないのだから。

努力の結晶、幼稚園作り物が無になるかも?の母へぽちっとお願いいたします・・・。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
  1. 2006/02/10(金) 10:37:51|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<私の決意。 | ホーム | どーなる?>>

コメント

エライなぁ・・・。

うちも先日、パパが
「今の仕事辞めて、何か事業を始めたい」と突拍子もないことを言い出しました。「何がやりたいの?」と聞いたら「これから決める」と(笑)。
「何がしたいのかちゃんと決めたらまた打ち明けて」と返しておいたけど。
幼稚園はね、私も年少だけ違う幼稚園で、年中から2年間、今の近所の幼稚園に行ったよ。
その時の自分の気持ちは覚えてないけど、大人になった今は年少(生まれてから4年住んだトコロ)のお友達は1人もいないし、思い出も写真見ないと思い出せないほど。
その後小3→中1とまた転勤したけど、それはいまだに仲のいいお友達も
いるし、いい思い出となっています。
とにかく、子供の事を考えるのも大事だけど、でも子供はちゃんとその場その場で対処していけるよ、大丈夫i-234
そんなにずぅっと思い続けているなら、多分遅かれ早かれキララ夫は会社を辞めちゃうんじゃないかな?というか「辞めたい」って気持ちは揺らがないだろうね。
キララがそんだけバックアップ体制(気持ち的に)に入ってるんだったら、あとは夫に気持ちよく転職活動に打ち込んでもらうだけだよね。
って思うのは決して人事だから!って軽く考えてるワケじゃないよ。
うちも「いずれ転職したい」って言われているけど、私なんてアタマから反対してるもん!反対しないキララが本当にスゴイナァ、内助の功だなぁと思って。感心と同時に応援!!です。
長いコメントになっちゃってゴメンねi-229またの経過報告、待ってますi-203
  1. 2006/02/10(金) 12:32:18 |
  2. URL |
  3. パイプニママ #-
  4. [ 編集 ]

色々大変だよね。
ただ私の意見は子供の気持ちもとても大切だけど、子供は子供で引越しした先で新たにまた友達がいっぱい出来ると思います。へたにちょっとだけ通わせるなんて事はかえって寂しい思いをするかな~って思います。
もし広島へ戻ってきて、同居にならなかったとして、キララが働くなら絶対に、保育園、小学校のそばに家をお勧めします。がんばれ~キララ
  1. 2006/02/10(金) 13:06:14 |
  2. URL |
  3. お隣さん #-
  4. [ 編集 ]

ちょっとのぞいてビックリ!
もうその話は、終わったものだと思っていたので(勝手に^^)

ただ、記事を読んだカンジでは、もう7割がた覚悟を決めていらっしゃる?
あとはダンナさまの決定を待つばかり・・・という気もします。
深夜2時の帰宅・・・
ダンナさまの健康も心配ですよね。
人間、好きな仕事や趣味に関しては、寝食けずってがんばれるものだと思いますが、そうでもなさそうですね。
まさに人生の岐路に立っていらっしゃるようですが、今のところに残るにしても、広島に変わるにしても、決めることをキチンと決めてから行動された方がいいですよ。
のちにトラブルを起こさないためにも。

子供さんのことも心配ですね。
自分の子は、できれば荒波をさけて育ててやりたい。
でも、一度も波をかぶらずに大人になる人もいないのです。
子供は、意外とたくましいものですよ。
  1. 2006/02/10(金) 13:24:37 |
  2. URL |
  3. ノア #cbyVNXbA
  4. [ 編集 ]

読ませていただきました。。。
色々、考えるところがありますよね。
やっぱり、子供が1番ですね!
でも子供は適応能力がすごくありますから、
お友達はすぐにたくさんできるでしょうケド!
仲良しの子とお別れはきっとさみしいでしょう。。。
なんともコメントがまとまっていませんが(; ̄ー ̄川
どちらにしても家族の納得のいく結論が出ることが理想ですね!
  1. 2006/02/10(金) 22:46:15 |
  2. URL |
  3. karat #-
  4. [ 編集 ]

ごぶさたです....

なんとも悩ましいお話です....
他人事だと思えない点がたくさんあります。
同居・・まぁ同居に限らず、
何事もやってみないとわからないけど、
すごく不安ですよね。
特にご主人の仕事のことも絡んでくると....
でも義妹さんも同居になるんですよね?
うぅぅぅぅぅぅ....
私には、何とコメントすればいいのかわからないわ....
キララさんとご主人がどのような決断をされるのか、
これからも見守らせていただきます。
  1. 2006/02/10(金) 23:53:57 |
  2. URL |
  3. マッハ #-
  4. [ 編集 ]

大変ですね。

どうなったのかな~と、気にはなっていました。
やはり、ご主人とキララさんには避けて通れない問題なのでしょう。
何人かの方も書かれていますが、子供のことは、考えすぎない方がいいと思いますよ。
子供は、どんな事でも、結局は自分の経験として順応して行きますし、大人が思うほど、弱いものでもない気がします。
そして、経験の多い子ほど、強い。
むしろ、一度通わせてから、転園というほうが、可哀想な気がします。
子供も大人も、新しい環境に慣れるのに使うエネルギーは同じ…。
それを2度するのですから。
まずは、お子さんの事より、お2人の将来のことをじっくり考えて、行動されたほうがいいと思いますよ。
どちらにしても、キララさんとご主人の悔いのない様に。
お2人の未来は、お2人にしか作れませんから。
陰ながら応援しております。
  1. 2006/02/11(土) 01:32:43 |
  2. URL |
  3. アンティーク・マム #sv2SQwJ6
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

みなさん、多くのコメントありがとうございます。
正直私も、この話はもうでてこないのかと思っていました。
それが再び突然話がでて、ああ、彼の中ではず~っと悩み続けてることなんだと改めて思いました。
皆さんのおっしゃるとおり、子どもには親よりも優れた適応力があると思います。
夫にも子どもの件は、フォローをしっかりしてやればいいことだから、あなたの気持ちを第一で考えて、と伝えてあります。
今回、何か大きな決断があるのか、それともまた前回通り、決断のないまま過ぎてしまうのか、私にはわかりません。
けれど、その決断に、私はついていくしかできません。
あ、もちろん譲れないところは譲りませんが・・・。
夫は今日も忙しいらしく、
夜8:00に電話があったと思ったら
「今から急に出張じゃ。今日は帰れん
。」
だそうです。
不満を感じながら、そんな無理をしなければならない夫が今は一番心配です。
夫が少しでも早く、この心のつかえから開放されるよう、思うばかりです。
場合によってはまた皆さんに支えていただくことになるかもしれません。
そのときには正直な感想でもって
キララを励まし、諭してくださいね。
本当に今回の心のこもったのコメント、ありがとうございました。
  1. 2006/02/11(土) 01:56:33 |
  2. URL |
  3. キララ #-
  4. [ 編集 ]

jugemのほうがアクセスできなくなっててご迷惑かけました。私も今原因を調査中です(サーバ障害ならいいのだけれど)。カングーの方のコメント確認しました。
あのね、私のはね、強さじゃないんだよ。自分をあらゆる方向からふるいたたせただけなの。跡継ぎの嫁ってわかって嫁いだじゃないか。親が倒れたんだから当然じゃないか。そういうのと同時に、「今この時点で頑張って私の評価をあげておけば、後々いい」という計算のようなものも存在しました。
それはね、実母の経験を知ってることもあるの。実父は婿入り養子で実家は静岡の田舎なんだけど、その両親が高齢になって、兄弟たちで誰が面倒みるか会議になった。父は婿養子に出てしまっているけど、離れて何もしなかったからこそ最後くらいと思って、自分がひきとると言ったらしいの。それを母が、家には自分の両親がいるのにダブル同居はできないと断った。父は母の意見を受け入れ、親をひきとるのを諦めたのだけど、数年後別の兄弟にひきとられた親が亡くなった後、母に言ったそうです。「オマエが、あのとき親を呼ぶのを断ったから、俺は親孝行のカケラもできなかった」と。母は悔やみ、泣き、未だにそれを父に対して申し訳なく思い続けているのです。
そんな母の姿をみてきました。だから、私のわがままで仮に楽な生活を送ったとしても、旦那の心には何か負の感情が残り、そしてもし更に何か悪いことがあったときにそれが表面化してお互いが傷つくだろうことが予想できました。
「ああすればよかった」という後悔はしたくない。「ああしなきゃよかった」という後悔より、どんなにか辛いから。
状況にも、個々の性格にもよるけれど、どうか、自分を誇りに思える行動をとってください。リスク面で消去法をとるのではなく、何かひとつ信念をもってください。
同居すれば親との確執も当然あります。そういう確執で人間関係ひいては家庭が今より悪くなるのなら、今の生活を何が何でも守るのも素晴しい選択です。誰がなんといおうと、それは誇りある態度です。旦那様の為に、その家族の為に、たくさんのリスクを抱えて挑むのも同様に素晴しい選択です。
そして、何も考えずに直感で即動いてしまうのもまた、ひとつの選択です。

長くなりました。
どんな道をとったとしても、それはキララのゆく道なのだから、私たちは受け入れ応援しますからね。どうか自分を卑下することなく、強く心をもってください。
  1. 2006/02/11(土) 08:53:17 |
  2. URL |
  3. U #-
  4. [ 編集 ]

**Uさん**
ありがとう。
なんというか、ありがとうしかでてこないよ。
前回この話が出たときにはなかった決心・結論が、
今、私の中ではできあがっています。
それを夫にも伝えました。
心強い言葉に励まされる。
ホントにありがと。

  1. 2006/02/13(月) 00:59:15 |
  2. URL |
  3. キララ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikikirarara.blog26.fc2.com/tb.php/102-a56464ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

キララ

Author:キララ
主婦歴○年目の3×歳。体重計が怖くてしかたのない日々。無口な夫と10歳&8歳のオチビ2人の4人家族。このたび2009年12月31日生まれのレッドーボーダーのレオが家族に加わりました。    

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

フリーエリア

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。